アメディア

視覚障害者のための「音声ナビ・プロジェクト」にご援助を!

TEL:03-6915-8597(受付時間 9:30~12:00 13:00~17:00)

「音声ナビ・プロジェクト」は、視覚障害者に歩行の自由を与え、外出を楽しくする壮大な計画です。

システム構築と普及・安定稼働を目指す2019年末までの期間は、収入が全く見込めませんので、ご賛同の皆様にご寄付による援助をお願い申し上げます。

概要

このプロジェクトは、

  1. 視覚障害者自身が利用する音声ガイド・アプリ「ナビレコ」
  2. ナビレコ用のルート・ガイドを目の見える方がパソコン上で地図を見ながら作成するソフト「ナビエディット」
  3. ナビエディットで作成したガイド・コンテンツをナビレコから簡単な操作で視覚障害者がダウンロードできるガイド交換サイト

の3本柱で構成されます。

2018年中に最初のシステムを公開して、利用頂けるようにする計画です。

現状

アメディアでは、視覚障害者が音声のルート・ガイドを聞きながら歩くことのできる iOS用音声ナビ・アプリ「ナビレコ」を2016年9月にリリースしており、すでに、4300人以上の視覚障害者にご利用頂いています。

視覚障害者用歩行支援アプリ「ナビレコ」

ナビレコには、音声でガイドするコンテンツが必要ですが、これまでは、ナビレコ自体を使って一度録音しながら歩くことによって、その音声ガイドを作成しなければなりませんでした。

視覚障害者の皆様へ

「ナビレコ」は次回のバージョンアップの際、これまで有料で配布していた100ルート版を無料にするとともに、ボランティアの方が共用を目的として作成した音声ルート・ガイドを簡単な操作で取り込めるようにします。

現在の5ルート版(無料)をお使い頂き、ご意見・ご要望をお寄せください。将来のバージョンアップの際の検討テーマとさせて頂きます。

ナビレコ画面 ナビレコ

ガイド作成ソフトの開発

このほど、このアプリ「ナビレコ」で利用できる音声ルート・ガイドを、ボランティアの皆様がパソコン上で地図を見ながら作成するソフト「ナビエディット2」を開発することになり、すでに開発を進めております。

ナビエディット画面 ナビエディット

このソフトは、無料で公開致します。

多くの皆様に、ボランティアとしてより多くの音声ルート・ガイドを作って頂きたいからです。

ガイド交換サイトの立ち上げ

ボランティアの皆様が作成したガイド・コンテンツをアップロードできる、「ガイド交換サイト」をアメディアで近く立ち上げます。

ナビレコガイド集

「ナビレコ」利用者は、この「ガイド交換サイト」にナビレコからアクセスして、掲載されているガイド・コンテンツの中からお好みのものを自由にダウンロードできるようになります。

このシステムにより、作成頂いた音声ガイドが多くの視覚障害者に共用される環境ができます。

ご寄付のお願い

このプロジェクトの立ち上げから2019年末までのシステム運営費用として、少なくとも1千万円が必要です。

すべてのアプリとソフトウェアを無料公開させて頂くため、当初このプロジェクトには、皆様からの資金援助以外、全く収入がございません。

つきましては、このプロジェクトにご賛同頂ける皆様に、ご寄付による資金援助をお願い申し上げます。

プロジェクトの進捗状況とご援助いただいた資金の使い方については、定期的にウェブサイトで公開して参ります。

報告

ご支援いただいた金額に関わらず、プロジェクトの進行状況を月に1度定期的にメールで報告させて頂きます。

サービスでの返礼について

ご寄付と交換に、出前展示会、講習会、望月の講演、ウェブアクセシビリティの診断等、何か弊社アメディアでできることがございましたら、検討させて頂きます。「返礼条件」欄にご記載ください。

支援者登録フォーム

※一口3,000円です。複数口援助していただける場合は口数を半角数字でご記入ください。

1口 3,000円

口数:

※郵便振替の場合は、郵便振替用紙をこちらからお送り致します。
※銀行振り込みの場合は、恐縮ですが、振り込み手数料をご負担願います。
銀行口座 三井住友銀行 池袋支店 普通 2739899 株式会社アメディア

将来ビジョン

本プロジェクトに関心を寄せて頂いている皆様を、本システムの共同開発の仲間と考えております。

皆様に、望月優の将来ビジョンを手身近に説明申し上げます。

出歩く自由の拡大

視覚障害者は、白杖や盲導犬を活用して一人で歩く場合と、友人やガイドヘルパーさんと連れだって歩く場合とがあります。

わかりやすい音声ガイドのコンテンツが普及することにより、一人で歩く場合の難易度が大幅に軽減します。なによりも、一人歩きの心のハードルが下がります。

また、普段一緒に歩く友人やガイドヘルパーさんの協力を借りて自分専用の「音声ガイド」を作成すれば、身近なところへは自分一人でも気軽に出かけられるようになります。

このように、本音声ナビ・プロジェクトの開始と普及、改良、継続的な運営により、視覚障害者の出歩きの選択肢と自由が日に日に拡大して行きます。

継続運営のための財務ビジョン

視覚障害者向けの音声ガイドは、いわば道路の説明のようなものですから、 本来、このようなサービスは、公的サービスに位置付けられるべきものと考えます。

しかしながら、音声でのナビゲーションを使って視覚障害者が歩くという文かは、まだ「一般的」と言えるレベルには程遠い状態です。

公的サービスに位置付けて頂けるのは、多くの視覚障害者に指示されて「一般的」と行っても過言ではない程度までに普及してからだと考えています。

普及するまでは、このプロジェクトの提案者である私と、実際に開発に取り組んでいる株式会社アメディアが何とか踏ん張らなくてはならないと覚悟しています。

普及した暁には、音声ガイド作成のグループが全国各地に立ち上がり、これらのグループが音声ガイドを作成する際に、地元の自治体からある程度の報酬を頂くことができ、グループに所属する視覚障害者が音声ガイドの有効性を検証してその労賃を頂けるといった構図があるべき姿ではないかと考えています。

アメディアは、上記のような構図が確立するまで頑張りますので、その状況に達するまでは、ぜひとも資金面でのご援助も合わせてお願い申し上げるしだいです。

2018年10月10日

音声ナビ・プロジェクト リーダー:株式会社アメディア 代表取締役 望月 優

問い合わせ先:株式会社アメディア
〒176-0011 東京都練馬区豊玉上1-15-6 第10秋山ビル1階
電話 03-6915-8597   FAX 03-3994-7177

株式会社アメディア

〒176-0011
東京都練馬区豊玉上1-15-6
第10秋山ビル1階
電話.03-6915-8597
FAX.03-3994-7177
アメディアへの行き方

↑ PAGE TOP