アメディア

音声ナビ例文集

出発してすぐに曲がる

書式:○○を背にして、左に5メートル進み、(右/左に)曲がります。

重要:近くても、曲がり角にはマークマーク赤を付けてください。

例文:

階段を背にして、右に5メートル進み、右に曲がります。

0101イラスト

バスを降りて進行方向に5メートル進み、左に曲がります。

0102イラスト

なお、当初考えていた出発地点から曲がり角までの距離が5メートル以内のときは、出発地点をその角まで移動してください。

出発してすぐに通りを渡る

書式:○○を背にして、(右に/左に/真っすぐ)5メートル進み、(右手/左手)の横断歩道を渡ります。

表現:信号を渡るときは、「信号を渡る」と表現します。「信号のある横断歩道」と表現する必要はありません。

表現:信号のない横断歩道を渡るときは、「横断歩道を渡る」と表現します。「信号のない」と付け加える必要はありません。

表現:横断歩道になっていない幅5メートル以内の小さな通りを渡るとき、「路地を通過」と表現します。

重要:マークの付け方については、こちらを参照 マーク(赤)

例文:

0201 イラスト 階段を背にして10メートル真っすぐ進み路地を通過してさらに100メートル直進

0202 イラスト 改札を背にして左に10メートル進み、右手の横断歩道を渡ります。

0203 イラスト お店の入り口を背にして右に10メートル進み、信号を真っすぐ渡ります。

0204 イラスト バスを降りたら右に20メートル進み、右手の信号を渡ります。

出発地点から広い道を渡らずに永井直線距離を歩く場合

書式:○○を背にして(右に/左に/真っすぐ)約○○メートル歩き、●●まで進みます。

重要:直進中は、少なくとも30メートルごとにポイント(青)を付けます(電信柱のところでもよい)

例文:

0301 イラスト 駅出口の会談を背にして左に200メートル真っすぐ歩き、江戸前交差点まで進みます。

0302 イラスト 歩道橋を降りてそのまま300メートル真っすぐ歩き、右手に氷川神社の鳥居が出てくるまで進みます。

***

2.3. 拠点を示すマーク 曲がり角以外でも、以下の地点では、ランドマークを示す意味でマークが付けられていると便利です。

・駅の入り口

(例文)

-右手に○○駅●●口

・タクシー乗り場

(例文)

-左手にタクシー乗り場

・重要なバス停 (例文)

-右手に○○行(系統)●●バス停

・交番

(例文)

-右手に交番

3.4. コメント例

・右手/左手の路地を通過

・十字路を通過

・ここから点字ブロックが(なくなる/始まる)

右手にコンビニ(具体的なコンビニ名ならより良い)

-お店があることは、ポイントのコメントで行うが、詳しい内容は付録説明にする。

4. やや複雑な地形のコメント

4.1. 信号の位置への誘導 基本的には直進ですが、信号を渡るために少し右または左に移動して信号の位置に向かう場合

・信号を真っすぐ渡ります。信号の位置まで少し(右 / 左)にずれます。

・信号を真っすぐ渡ります。信号の位置まで点字ブロックに沿って(右 / 左)にずれます。

・●●メートル先の信号を渡ります。進む方向はまっすぐですが、点字プロックが信号の位置まで斜め(右 / 左)に誘導しています。

-音響信号機とわかる場合は、音響信号ボタンの位置も説明してください。

4.2. 歩道橋の上がり口への誘導

歩道橋の上がり階段を見つけるのは案外難しいです。

そのため、点字ブロックを説明に利用します。

・歩道橋に上がります。階段は、点字ブロックの約1メートル(右 / 左)にずれた位置にあります。

・歩道橋に上がります。点字ブロックが階段まで誘導しています。

4.3. 地下道の下がり口への誘導

地下鉄の入り口や地下道の降り口を見つけるのは案外難しいです。

そのため、点字ブロックを説明に利用します。

(田町駅から東京都障害者福祉会館に向かう途中で、都営三田線の入り口の横を通過するときのイメージ)

・(道路を歩いていて)点字ブロックが左に伸びています。そのブロッに沿って行くと、地下鉄●●線の○○口があります。

(環七に出たところから新桜台駅の入り口に行くイメージ)

・環状七号線に出ました。左に10メートル進むと、左手の奥まったところに新桜台駅○○口があります。

(点字ブロックの様子を忘れてしまいました。説明に役立てば、利用します。)

5. 到着地点

5.1. 入り口の位置の説明 建物の入り口が、歩行者の体の向きからみてどの位置にあるのかを説明する。

・到着しました。入り口は(右 / 左 / 正面)です。

5.2. 入るまでがやや複雑な場合

複雑なときは、様子を説明してください。

-到着地点に点字ブロックがあれば、説明に役立ててください。

-到着地点の入り口でチャイムが鳴っている場合があります。その情報も役立ちます。

-入り口のドアがスライド式の引き戸なのか押し引きして開く観音開き型なのかの説明も役立ちます。

-インターフォンで呼び出す形式のときは、ボタンの位置の説明があると大変役立ちます。

5.3. 建物の中の説明

建物に入ってから、目的の部屋までの説明は、到着後の付録説明 で記述してください。

2020年1月13日

望月 優