アメディア

視覚障害者のパソコン利用

TEL:03-6915-8597(受付時間 10:00~12:00 13:00~16:00)

ここでは、視覚障害者のパソコン利用の実態を紹介します。

スクリーンリーダー

視覚障害者は、スクリーンリーダーと呼ばれるソフトウェアを用いて、パソコンのOSを音声化してパソコンを利用します。

各種のOSに対応したスクリーンリーダーがあれば良いのですが、現状では、 Windows に対応した日本語スクリーンリーダーと MS-DOS を音声化するスクリーンリーダーがいくつか存在するだけです。

MAC の OS や Linux に対応したスクリーンリーダーが全くないわけではありませんが、実質的に有効な日本語スクリーンリーダーはないと言ってよいでしょう。

ただ、 Linux の場合には、別のパソコンからリモート・コントロールしやすい仕組みになっていますので、 Windows や MS-DOS のパソコンからリモート制御して利用している視覚障害者も結構おります。

セキュリティソフト

視覚障害者の一つの悩みは、セキュリティソフトです。

ノートンやウイルスバスターなど、セキュリティソフトにはいろいろなものがありますが、スクリーンリーダーで音声化するのには、これらメジャーどころのセキュリティソフトはかなり難しいのです。

データ復旧

ハードディスクの破損やクラッシュなどでデータが壊れたとき、視覚障害者は大変困ります。

これに関しては、バックアップなどをきちっと取って予防することが第一ですが、万が一バックアップを取っていなくて「しまった」と思ったときでも、何とかなることもあります。

これについては、データ復旧で順を追って説明します。

株式会社アメディア

〒176-0011
東京都練馬区豊玉上1-15-6
第10秋山ビル1階
電話.03-6915-8597
FAX.03-3994-7177
アメディアへの行き方

↑ PAGE TOP