アメディア

オービットとパソコンとの接続

点字ディスプレイとしての活用

オービット20は、スクリーンリーダーとしてNVDAが動作しているパソコンと接続して、点字ディスプレイとして使用することができます。

NVDA日本語版

USB接続

USBで接続する場合は、オービット20を標準添付のケーブルではなく、別売のデータ通信用USBケーブルを購入してご利用ください。
1. USBケーブルでパソコンとオービット20をつなぎます。
2. オービットの電源を入れます。
3. オービットのモードを単体モードからUSBモードに切り替えます。
4. インサート+NでNVDAの設定メニューを開き、その中の「設定」を開きます。
5. 下矢印キーで「点字」に合わせてからタブキーで「変更する」まで移動し、スペースを押します。
6. タブキーで「点字ディスプレイ」まで移動し、上下矢印キーで「点字ディスプレイ(D)Baum/HumanWare/APH/オービットの点字ディスプレイ」を見つけます。
7. OKを押します。

ブルートゥース接続

Windows10で説明します。

1. オービットの電源を入れます。
2. オービットのモードを単体モードからブルートゥースに変えます。
3. パソコンで設定を開き、ブルートゥースの設定を確認します。OFFになっていたらONにします。
4. 「ブルートゥースまたはその他のデバイス」ボタンをクリックします。
5. Bluetoothボタンをクリックします。
6. オービットReaderが表示されたらエンターを押します。
7. オービットのブルートゥースペアリング方法が「コード確認」に設定されていたら、オービット側とパソコンの画面に表示される数字が一致することを確認して、早く応答します。オービット側では8の点を押します。これでペアリングは完了です。
8. ペアリングができてから、インサート+NでNVDAの設定メニューを開き、その中の「設定」を開きます。
9. 下矢印キーで「点字」に合わせてからタブキーで「変更する」まで移動し、スペースを押します。
10. タブキーで「点字ディスプレイ」まで移動し、上下矢印キーで「点字ディスプレイ(D)Baum/HumanWare/APH/オービットの点字ディスプレイ」を見つけます。
11. OKを押します。

NVDAが出力する文字がオービットでも点字で表示されるようになります。
オービットからの入力はまだ残念ながらうまくできません。

オービット20ページへ

株式会社アメディア

〒176-0011
東京都練馬区豊玉上1-15-6
第10秋山ビル1階
電話.03-6915-8597
FAX.03-3994-7177
アメディアへの行き方

↑ PAGE TOP