アメディア

全盲ユーザーのためのウェブアクセシビリティ~ 音声ブラウザ対応エッセンス

TEL:03-6915-8597(受付時間 10:00~12:00 13:00~16:00)

このサイトでは、音声環境でホームページを読み上げる視覚障害者ユーザーへの配慮に特化して、そのノウハウのエッセンスをお伝えします。

スクリーンリーダーとは

視覚障害者は、パソコンから発声される音声を聞きながらパソコン操作を行います。

このとき、画面に表示される文字列を常に監視し、変化があったときにその文字列を読み上げるソフトウェアが スクリーンリーダーと呼ばれます。

ですから、視覚障害者がパソコンを利用する上で、 スクリーンリーダーは必須のソフトウェアです。

なお、 スクリーンリーダーは、「画面読み上げソフト」とか「画面音声読み上げソフト」などとも呼ばれます。

音声ブラウザとは?

スクリーンリーダーは、 Internet Explorer の画面表示も読み上げます。

ということは、 スクリーンリーダーさえあればよさそうに思えますが、そうとも言えない点があります。

もともと Internet Explorer は目の見える人達を想定して作られたソフトです。

すべての操作はマウスでとても快適に行なえますが、キーボードですべてが行なえるかとなると、操作できない場面もあります。

視覚障害者は目が見えませんから、マウスを動かすことはできるものの、焦点を合わせるべくアイコンを捉えることができません。

つまり、視覚障害者にはマウスは見える人と同じようには仕えないのです。

そこで登場してきたのが 音声ブラウザです。

音声ブラウザは、ソフトウェアが持つすべての機能がキー操作で行えることに加えて、 Internet Explorer にはない、視覚障害者にとって特別に便利な機能を搭載しています。

Internet Explorer はマウスで利用することを前提に作られていますから、ページ内の別の個所にジャンプする機能は、ページ内リンクをクリックするという、ページ自体の仕組みを利用する方法のほかは特に用意されていません。

一方、 音声ブラウザは、前後の見出しタグにジャンプする機能や前後のフォーム・タグ、前後のテーブル・タグなどをサーチする機能、そしてテーブル内の要素を表らしく読み上げる機能などを持っているのです。

音声を聞きながら情報を得るという行為は、画面を見ながら情報を得る行為とは異なり、時間と情報がほぼ同期して入ってきます。

つまり、情報を聞いている間中、時間が刻々と経過して行きます。

ということは、なるべく速く自分の知りたい情報にたどり着きたいわけです。

ページの最初の方に現れるグローバル・ナビゲーションのメニューが視覚障害者が読み飛ばしたいものの代表例としてよく上げられますが、それだけではなく、とにかく自分の必要とする個所に画面を見ずに速くたどり着きたいのです。

もともと HTML は規則に基づいたマークアップ言語ですから、これらで使われているタグを手がかりに、いろいろなジャンプ操作を設けることが可能です。

音声ブラウザは、それを行っているわけです。

ネットリーダー は、視覚障害者向けに開発された音声ブラウザソフトです。

JAWSの特別な位置付け

JAWSというソフトウェアは、 スクリーンリーダーでありながら、各種のジャンプ機能や Internet Explorer 自身にはない特別に視覚障害者に配慮された機能を搭載しています。

ですから、 JAWSは、 音声ブラウザを内蔵した スクリーンリーダーと言えるでしょう。

なお、視覚障害者の方向けに、音声環境でウェブサイトにアクセスしたときの効率的な操作のコツを以下のページにまとめました。

音声環境ページ閲覧操作の基礎の基礎

ウェブ制作側の方も、上記をご一読頂き、視覚障害者の音声ブラウジング文化の一端をご理解頂ければ幸いです。

WEBコンテンツJISにおける音声ブラウザの位置付け

ウェブアクセシビリティの手法は、2006年6月にJISで制定されました。

  • JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス- 第3 部:ウェブコンテンツ

がそのJIS規格です。

その第5章に、ウェブアクセシビリティを実現するための技術的用件が具体的に記述されています。

そして、そこに示された39の技術項目のうち、なんと24の項目が スクリーンリーダーや音声ブラウザ利用者を念頭に置いた、いわゆる音声環境ユーザー向けの項目なのです。

ウェブアクセシビリティを考える上で、音声環境でアクセスしている視覚障害者への配慮が大きなキーになることがよく判ります。

メルマガ「ウェブアクセシビリティ入門」

音声ブラウザへの細かな配慮について継続的に勉強したいという方は、全盲の著者が書いている無料のメールマガジン ウェブアクセシビリティ入門 をお勧めします。

運営者の表記

〒176-0011 東京都練馬区豊玉上1-15-6 第10秋山ビル1階

電話.03-6915-8597 

FAX.03-3994-7177

望月優へのメール

↑ PAGE TOP