アメディア

iPhone用撮影台 ISC-100

TEL:03-6915-8597(受付時間 9:30~12:00 13:00~17:00)

A4 サイズの印刷物を 手ブレを心配することなく、安定して撮影できます。

注文

価格

6,804円→5,400円(税込)

撮影台の特徴

このアイホン用撮影台は、 iYomubeLive reader などの印刷物読み上げアプリを使用するときに、全盲の方でも A4 サイズの用紙全体がきちっと撮影できるように開発しました。

組み立てたとき、A4 サイズ全体の画像を一度の撮影で取得するのに最適の高さに調整されています。

組み立て方

組み立てた状態

開いた状態

組立画像

各部の名称

背板: 組み立てた時に、縦に立つ形になる板です。 (縦 283mm、幅 312mm)

足板: 組み立てたときに、机の上に接する板です。右と左にそれぞれあります。 (長さ 131mm、幅 46mm)

足板折り返し: 足板と背板を固定するための折り返し板です。 (長さ 133mm、 幅 46mm)

足板固定スロット: 背板の下部の左右に一つずつある隙間です。

設置台: iPhone を置く台です。 (縦 135mm、 幅 212mm)

設置台折り返し: 設置台と背板を固定するための折り返し板です。 縦 148mm、 幅 212mm)

設置台固定スロット: 背板上部にある横長の隙間です。

設置シート: 設置台の上に貼ってあるシリコンのシートです。

すべり止めシート: 足板の机と接する面に貼ってある細長いシリコンのシートです。

カメラ枠: 組み立てたときに、設置台の上からカメラが下を見下ろすための切り込みです。

用紙ストッパー: A4サイズの用紙の適切な配置を支持するための、両足板の根元内側が少し幅広くなっている部分です。

※滑り止めテープをつけてありますが、剥がせるようになっておりますので、お好みの位置にお貼りください。

組み立て方の説明 組み立て図解(PDF)

  1. 撮影台を奥行きの広い机の上に、背板を下にして置きます。
  2. 左右の足板を手前に、真ん中の設置台を後ろ側に開きます。
  3. 左右の足板折り返しをたたみながら足板を90度の角度まで持ち上げ、足板折り返しの先端を背板下部の足板固定スロットに差し込みます。スロット上部に突起があり、折り返し先端の穴をその突起にはめ込みます。
  4. 設置台を90度の角度まで持ち上げ、設置台折り返しを手前に折り返し、背板上部の設置台固定スロットに先端を差し込みます。スロットの左右下部に突起があり、折り返し先端左右にある穴をこの突起にはめ込みます。
  5. 足板を下にして、撮影台を立てれば組立完成です。
  6. 組立時の高さ: 約29.7cm

使い方

iPhone を、背面カメラを手前にして、設置台の設置シートの上近辺に置きます。 iPhone にはいろいろな形のものがありますので、設置シートのぴったり上に置く必要はありません。

iPhone の背面カメラが、カメラ枠から下を見下ろすように配置します。

A4 の印刷物は、縦置きにします。 足板のあいだに、A4 用紙を縦置きにし、ゆっくりと奥に動かすと、背板下部の用紙ストッパーのところで止まります。この位置が、A4サイズ用紙の最適の配置位置です。

この状態で、 iPhone から撮影操作を行ってください。 なお、アプリの使い方に関しては、各アプリのページをご覧ください。

iYomube

Live Reader

対応機種について

①実機でA4用紙が収まることを確認できたもの。
iPhone 5s, 5c
iPhone 6
iPod touch (第 5 世代)
iPod Air 2
②実機では確認できていないが、おそらく使えると思われるもの
iPhone 5
iPhone 6s, 6 Plus, 6s Plus
iPod touch (第 6 世代)
③撮影範囲が狭い、サイズが大きいなどで撮影台で使えないと思われるもの。
iPhone 4 以前 … 狭い
iPad mini (第 3 世代以前) … 狭い
iPod touch (第 4 世代以前 ) … 狭い
iPad Air … 狭い
iPad 各世代 … 大きい
iPad Pro 各世代 … 大きい
④A4が撮影できるかぎりぎりで微妙なもの。
iPad mini (第 4 世代)

株式会社アメディア

〒176-0011
東京都練馬区豊玉上1-15-6
第10秋山ビル1階
電話.03-6915-8597
FAX.03-3994-7177
メールでの問い合わせ
アメディアへの行き方

↑ PAGE TOP